家を便利に、プライバシーを万全に。

家は特別な場所です。多くの皆様にとって、大切な自宅の中に置く製品は信頼できるものでなければなりません。Google は、中にいる人と周囲の環境に配慮した家づくりのためのデバイスとサービスを提供することで、その信頼を得られるよう努めています。

プライバシーとセキュリティに関する取り組み

Google はプライバシーとセキュリティの原則を指針としており、Google におけるすべての業務に適用しています。このガイドでは、Google がお客様のプライバシーを尊重し、お客様のスマートホーム デバイスやサービスを安全に保つ方法について説明します。

このような取り組みはどのデバイスとサービスに適用されますか?

このガイドに記載されているご家庭でのプライバシーを保護する Google の取り組みには、Google Nest、Google Home、Nest、Google Wifi、Chromecast のいずれかのブランド名を冠した、Google アカウントを使用するスマートホーム関連のデバイスとサービスに適用されます。また、利用可能である場合、Nest アカウントから Google アカウントへ移行するユーザーにも適用されます。さらに、上記のデバイスとサービスには Google のプライバシー ポリシーも適用されます。Google のプライバシー ポリシーでは、Google がどのようにサービス プロバイダを利用するかをはじめ、個人を特定できない情報を共有する場合のその方法、また、どのような状況や方法で法的な理由によるユーザー情報の保存や共有を行うかを説明しております(これらはいずれも、下記の基準による影響を受けません)。なお、スマートホーム デバイスでは YouTube、Google マップ、Google Duo などのさまざまな Google サービスを利用できます(それぞれのサービスが利用可能な地域において)。これらの Google サービスを利用する際に収集されるデータとその取り扱いは、各サービスの利用規約と Google のプライバシー ポリシーにより規定されます。

このような取り組みを行う理由

スマートホーム関連のデバイスやサービスは、便利な生活と安心をお届けするためのものであり、Google はユーザーの皆様やご家族、そしてご自宅に招待されるお客様に、これらの製品を安心してお使いいただきたいと考えています。また、Google のデバイスとサービスを自宅に招き入れてくださったユーザーの皆様の決断に感謝し、その重みを真摯に受け止めています。自宅内で利用するテクノロジーは、ダイナミックに進化を続けています。私たちは、常に謙虚に、多角的な視点を忘れず、真摯に学び、柔軟に対応する姿勢を持って開発に従事してまいります。

取り組み

技術仕様の透明性

Google のスマートホーム デバイスに、カメラ、マイク、または自宅の環境に関する情報を検出する環境センサーやアクティビティ センサーが搭載されている場合、Google は、有効になっているかどうかにかかわらず、そのハードウェア機能をデバイスの技術仕様に記載します。

取り組み

センサーガイドの公開

Google は、センサーの目的をよくご理解いただけるよう、各センサーから Google に送信される情報の種類を、その使用例とともにセンサーガイドに明示します。

取り組み

責任ある広告掲載

Google が提供するすべてのスマートホームのデバイスとサービスについて、Google は動画、音声、家庭環境センサー測定値を広告とは別に保管し、こうしたデータを広告のカスタマイズに使用することはありません。Google アシスタントのアクティビティ履歴は、ユーザーの興味に沿った広告を表示するために使用されることがあります。たとえば「OK Google, 7 月のハワイの天気は?」と尋ねた場合、その音声操作の(音声そのものではなく)テキストを使用して、カスタマイズされた広告を表示することがあります。ユーザーはいつでも Google の設定を確認して、表示される広告の種類を管理できます(広告のカスタマイズを完全に無効にすることもできます)。Google アシスタントと選択可能な設定について詳しくはこちらをご覧ください。

取り組み

独立したセキュリティ検証

2019 年以降にリリースされた Google Nest スマートホーム デバイスは、業界で広く認められたサードパーティのセキュリティ基準に照らして検証され、その検証結果が公開されています。

これが重要である理由
Google はデバイスの安全性を高めるために多くの取り組みを行っています。リリースの前には、ioXt Alliance などの団体が策定したセキュリティ基準に照らして検証もしています。また皆様にご確認いただけるよう、Google は検証結果を公開しています。

取り組み

セキュリティ研究への投資

Google Nest は Google 脆弱性報奨金プログラムに参加しています。

これが重要である理由
この業界慣行により、Nest セキュリティ チームに脆弱性を開示した外部のセキュリティ研究者は、金銭的な報酬を得られると同時に一般に認知されます。Google は、信頼できるセキュリティ研究者に Google のプロダクトを調査してもらい、開示された脆弱性が修正された場合にのみ、報奨金を支払います。このプログラムを通じて Nest セキュリティ チームは、悪用される前に脆弱性について把握し、対処できます。

これにより Nest デバイスの安全性はどのように高まるのですか?

Google の関係者以外の方がデバイスにセキュリティの脆弱性を発見した場合は、Google にお知らせください。Google がその脆弱性にパッチを適用し、他のユーザーに開示することで、報奨金の対象となります。このプログラムは、世界中のセキュリティ研究者にデバイスの安全性を高めるインセンティブをもたらします。

Google は他にどのようにしてセキュリティの脆弱性を発見していますか?

Google には専門のセキュリティ チームがあり、公開前に各デバイスのハードウェアとソフトウェアを分析し、デバイスの安全性を確保するよう最善を尽くしています。初期の検証を行った後も、引き続きデバイス導入後のリスクやセキュリティ脅威を分析し、重要なセキュリティ アップデートを、米国の Google ストアでの販売開始から最低 5 年間、自動的に提供します。

不審なアクティビティとはどのようなものですか?

Google は、ユーザーが行ったものではないと思われるアクティビティを探します。たとえば、認識されていないデバイスからユーザーのアカウントにログインしようとした場合などです。

2 段階認証プロセスによってアカウントはどのように保護されるのですか?

2 段階認証プロセスを使用すると、たとえパスワードが知られても、アカウントにログインされにくくなります。2 段階認証プロセスが有効の場合、アカウントにログインするユーザーは、ログインする前に 2 つ目の手順(「要素」)を完了する必要があります。この 2 つ目の要素は、テキスト メッセージ、Google 認証システムアプリのコード、インストール済みの Google アプリからの通知など、複数の中から選択できます。

Nest アカウントを持っており、Nest アプリへのログインに使用しています。Google アカウントに変更する必要があるのはなぜですか?

Google アカウントに移行すると、次のような新しいメリットがあります。

  • 不審なアクティビティの検出、2 段階認証プロセス、セキュリティ診断などの自動セキュリティ保護機能。
  • Google Nest のデバイスとサービスの連携。たとえば Google Nest Cam と Chromecast がある場合、「OK Google, 裏庭のカメラを見せて」と言うだけで、セットアップすることなくカメラのストリーミング動画をテレビにキャストできます。
  • 1 つのアカウントで Nest と Google Home の両方のアプリにログインできます。
  • Nest と Google Home のアプリで自宅と家のメンバーが一致します。


既存の Nest アカウントをお持ちであれば Google アカウントに移行できます。アカウントを移行するには、Nest アプリアカウント設定に進み、[Migrate to a Google Account] を選択します。

取り組み

自動セキュリティ アップデート

Google は、Google Nest デバイスの重要な自動セキュリティ アップデートを、米国の Google ストアでの販売開始日から少なくとも 5 年間提供しています。

これが重要である理由
Google はユーザーを保護するために多くの多層防御を採用していますが、技術が変化して新たな脅威が発生する可能性があります。そのため、Google Nest の既知の重要な問題に対処する自動ソフトウェア セキュリティ アップデートを提供することをお約束します。デバイスのリストと、アップデートの提供をお約束する期間を公開します。

デバイスがアップデートの対象かどうかを確認するにはどうすればよいですか?

Google デバイスのリストを公開し、重要なセキュリティ アップデートの提供をお約束する最小期間を提示します。

セキュリティ アップデートの対象外となるのはどのような場合ですか?

セキュリティ アップデートは、意図されていない方法やセキュリティが侵害される方法でデバイスが使用されることによって生じる脆弱性には対応していません。次に例を示します。

  • 他人に譲渡する前に正しく出荷時の設定にリセットされなかったデバイス
  • 2 段階認証プロセスを使用していないアカウント
  • Google による評価を受けていない他社製のデバイスであって、ユーザーのネットワークや Google Nest デバイスにアクセスできる可能性のあるもの

取り組み

確認済みソフトウェア

Google は、Google Nest デバイスが想定どおりのソフトウェアのみを実行するよう、インストールの前にソフトウェアを検証します。2019 年以降にリリースされたすべての Google デバイスは確認付きブートを使用しています。

これが重要である理由
Google は、Google Nest デバイスに悪意のあるソフトウェアがインストールされないよう、対策を講じています。これにより、ユーザーのアカウントへのアクセスやデバイスの操作を勝手に行われることがなくなります。

デバイスで悪意のあるソフトウェアが実行されることをどのように防止しますか?

まず、ソフトウェアはインストールされる前に、暗号的な検証により Google によって署名されていることが確認されます。次に、2019 年以降にリリースされた Google のハードウェアは確認付きブートを使用して、デバイスが再起動されるたびに正しいソフトウェアが実行されているかどうかを確認します。

取り組み

デバイスの透明性

Google アカウントのデバイスのアクティビティ ページには、Google Home アプリで表示される Google Nest デバイスが一覧表示されます。

これが重要である理由
ログインしているすべてのデバイスが、Google アカウントのデバイスのアクティビティ ページに表示されます。これにより、接続する必要のあるデバイスにのみ、ご自身のアカウントが接続されていることを確認できます。

デバイスはどのようにして Google アカウントに接続するのですか?

Google アカウントを使用してスマートフォン、パソコン、アプリ、またはスマートホーム デバイスにログインするときは常に接続されます。自身が所有していないか管理していないデバイスからは必ずログアウトし、心当たりのないデバイスがないか Google アカウントを確認してください。

心当たりのないデバイスがアカウント情報に表示されている場合、どうすればよいですか?

カメラ

カメラは、思い出の撮影、大切な人とのやり取り、防犯など、さまざまな目的で家の中で使用されています。Google Nest Cam などのデバイスは、留守中でも動画によって自宅を見守り、異常を検知するとユーザーに通知します。

カメラを搭載したすべてのスマートホーム デバイスについて、Google はユーザーの皆様に以下のことをお約束します。

ご自身や家にいる方がカメラを明示的にオンにするか、カメラを必要とする機能(Google Nest Cam の見守り機能など)を有効にした場合に限り、カメラから Google に動画が送信されます。カメラはいつでもオフにできます。

カメラがオンになっており、Google に動画が送信されている最中は、視覚インジケーター(デバイスの緑色のライトなど)で明確に示します。

Google アカウントに動画が保存されている場合(例: Google Nest Aware を定期購入している場合)、ユーザーはいつでもその動画にアクセスして確認、削除できます。

Google は、ユーザーまたはそのご家族の方が明示的に許可した場合に限り、Google のデバイスと連携するサードパーティのアプリやサービスとのみ動画を共有します。

利用可能な地域においては、Google Nest Hub Max では、内蔵カメラセンサー機能により、カメラに認識された内容に基づくカスタマイズや制御が可能です(デバイスがユーザーを認識できるようにするための Face Match やデバイスを制御できるクイック ジェスチャーを利用する場合など)。内蔵カメラセンサー機能を有効にしても、Google Nest Hub Max から Google に動画や画像が送信されることはありません。

保存された動画を確認、削除するにはどうすればよいですか?

保存された映像は、Nest アプリ(Google Nest Cam で録音された場合)またはマイ アクティビティ(Google アシスタントとのやり取りの場合)から確認、削除できます。

Google Nest Hub Max のカメラセンサー機能によって自宅から Google に動画や画像が送信されることはありますか?

はい。ただし、送信されるのは Face Match のセットアップの間だけであり、セットアップ完了後に送信されることはありません。Google Nest Hub Max で Face Match をセットアップする際、ユーザーはスマートフォンで数枚の写真を撮影します。これらの写真を合成して、顔の特徴を表すユーザー固有のモデルを作成します。こうした写真は Google に送信されますが、ユーザーは [マイ アクティビティ] にアクセスしていつでも確認、削除できます。このセットアップ作業後、Face Match が Google に動画や画像を送信することはありません。また、クイック ジェスチャーにより Google への動画や画像の送信が必要になることも一切ありません。さらに、これらの機能に必要な動画や画像が広告サービスと共有されることはなく、広告のカスタマイズに使用されることもありません。

動画がサードパーティのアプリやサービスと共有される可能性があるのはどのような場合ですか?

一例として、自宅のセキュリティを確保するために、Google Nest Cam の動画クリップをホーム セキュリティ サービスと共有するオプションをユーザーが選択できる場合があります。なお、ユーザーは他の Google サービスでデバイスのカメラを使用できますが(YouTube に動画をアップロードする場合や Google Duo でビデオ通話を行う場合など(サービスが利用可能な地域において))、その際は Google のプライバシー ポリシーが適用されます。

視覚インジケーターなしで動画データが Google のサーバーに送信されることはありますか?

カメラのモデルによっては、オフラインでの録画をサポートしているものもあります。こうしたカメラの場合、録画した後、カメラがオンラインに戻ったときに動画がアップロードされます。つまり、カメラが動画を Google のサーバーに送信しているときは視覚インジケーターが表示されないことがありますが、そのような場合でも、カメラが実際に録画している間は視覚インジケーターが表示されます。

マイク

マイクは、自宅内に置いたデバイスの音声制御、留守中の不審なアクティビティの検出、スマート スピーカーやスマート ディスプレイを使用した音声通話など、家庭内のさまざまな目的で使用されます。

マイクを搭載したすべてのスマートホーム デバイスについて、Google はユーザーの皆様に以下のことをお約束します。

デバイスから Google に音声が送信されるのは、ご自身や家にいる方が Google アシスタントに話しかけていることが検出された場合(例: 「OK Google」と話しかけている場合)、またはマイクを必要とする機能(例: Google Nest Cam の音声検知アラート、Google Nest Cam での音声を含む録画(サービスが利用可能な地域において))を使用する場合に限られます。マイクはいつでもオフにできます。

マイクがオンになっており、Google に音声が送信されている最中は、視覚インジケーター(デバイス上部のドットが点滅する、画面上にインジケーターが表示されるなど)で明確に示します。

Google アカウントに音声が保存されている場合(例: Google Nest Aware を定期購入していて Google Nest Cam の動画とともに音声が保存される場合(サービスが利用可能な地域において))、ユーザーはいつでもその音声にアクセスして確認、削除できます。

Google は、ユーザーまたはそのご家族の方が明示的に許可した場合に限り、Google のデバイスと連携するサードパーティのアプリやサービスとのみ音声を共有します。

保存された音声を確認、削除するにはどうすればよいですか?

保存された音声は、Nest アプリ(Google Nest Cam で録音された場合)またはマイ アクティビティ(Google アシスタントとのやり取りの場合)から確認、削除できます。音声コマンドで Google アシスタント アクティビティを削除することもできます。

Google アシスタントの音声クエリは広告のカスタマイズに使用されますか?

音声データは、広告から分離して管理しており、広告のカスタマイズに使用することはありません。一方、ユーザーが Google アシスタントと音声でやり取りを行った場合、そのやり取りを文字変換したテキストを、ユーザーの興味・関心にあわせた広告のカスタマイズのために使用することがあります。ユーザーはいつでも Google の設定を確認して、表示される広告の種類を管理できます(広告のカスタマイズを完全に無効にすることもできます)。Google アシスタントと選択可能な設定について詳しくはこちらをご覧ください。

音声がサードパーティのアプリやサービスと共有される可能性があるのはどのような場合ですか?

一例として、自宅のセキュリティを確保するために、Google Nest Cam の音声クリップをホーム セキュリティ サービスと共有するオプションをユーザーが選択できる場合があります。

視覚インジケーターなしで音声データが Google に送信されることはありますか?

場合によっては(ローカルに Google アシスタントのリクエストに応える方が早い場合など)デバイスで、視覚インジケーターがオフになり、リクエストに応えた後になって初めて、音声データが Google のサーバーに送信されます。このような場合、音声データが Google のサーバーに送信されるときではなく、マイクがアクティブなときに視覚インジケーターが表示されます。

ホームセンサー

Google の一部のデバイスには、自宅の環境やその中で何が起きているか(人やペットの動き、自宅に誰かいるかどうか、照度など)を検出するセンサーが搭載されています。これらのセンサーは、住む人にとって便利でやさしい家の実現や、Google が提供するデバイスやサービスの改善など、さまざまな目的のために使用されます。

環境センサーとアクティビティ センサーを搭載したすべてのスマートホーム デバイスについて、Google はユーザーの皆様に以下のことをお約束します。

ご自宅内で収集されたセンサー信号が、スマート ホームデバイスとサービスにおいて、どのように使用されているかをご説明します。デバイスの内蔵センサーに関する詳細は、こちらのガイドをご覧ください。

Google は、ユーザーまたはそのご家族の方が明示的に許可した場合に限り、Google のデバイスと連携するサードパーティのアプリやサービスとのみ、デバイスのセンサーデータを共有します。

Google が自宅の環境センサーとアクティビティ センサーのデータを収集するのはなぜですか?データはどのように使用されるのですか?

Google のデバイスには、自宅の環境や自宅でのアクティビティ(人やペットの動き、自宅に誰かいるかどうか、照度など)を検出するセンサーが搭載されています。これらのセンサーのデータは定期的に Google に送信され、住む人にとって便利でやさしい家の実現、Google が提供するデバイスやサービスの改善、ユーザーへのお知らせなどのさまざまな目的で使用されます。次に例を示します。

  • Nest Learning Thermostat(製品が利用可能な地域において)の温度センサーと湿度センサーは、エネルギーを節約しながらご自宅を快適に保つために使用されます。
  • 在宅 / 外出アシストは、ご自宅にある複数の Nest デバイスのアクティビティ センサーを使用して、外出時と帰宅時に、ご自宅の Nest デバイスの動作を自動的に切り替えます。
  • Google はユーザーのサーモスタットから収集した環境光と温度センサーのデータを使用して、直射日光によってサーモスタットが実際よりも暖かいと錯覚する可能性があると判断しました。そのため、サーモスタットがこれを調整して正しい温度を設定できるようにする新機能、日光遮断を導入しました。
  • Google はセンサーデータを使用して、デバイスやサービスのトラブルシューティングや、パフォーマンス、安全性、信頼性の改善に努めています。たとえば、デバイスから取得した温度や湿度のデータを使用して、バッテリー駆動時間への環境の影響を評価しています。
  • Google は、Google サービスの最新情報をお知らせするためにもセンサーデータを使用することがあります。これには、エネルギー プログラムや家庭の安全対策プログラムなど(サービスが利用可能な地域において)、関心をお持ちと思われるスマートホーム サービスに関する情報も含まれます。ただし、Google からプロモーション メールを受け取るかどうかはユーザーご自身で判断していただけます。
  • Google が、環境センサーやアクティビティ センサーのデータを使用して広告をカスタマイズすることはありません。たとえば Google Nest Hub(第 2 世代)(製品が利用可能な地域において)の睡眠データを広告のカスタマイズに使用することはありません(「OK Google, 部屋の温度を教えて」といったスマートホーム デバイスに関連するリクエストに応えるために、Google アシスタントがセンサーデータを取得することはあります。Google アシスタントと選択可能な設定について詳しくはこちらをご覧ください)。
  • ユーザーがアカウントを削除すると、このセンサーデータは、保持ポリシーに記載されているとおり Google のサーバーから削除されます。

センサーデータがサードパーティのアプリやサービスと共有される可能性があるのはどのような場合ですか?

一例として、ユーザーは省エネプログラムやピーク時間特典プログラムなどのサービスを(サービスが利用可能な地域において)利用するために、電力会社とデータを共有するオプションを選択できます。

Wifi データ

Google Wifi デバイスは、(製品が利用可能な地域において)モデムやインターネット サービス プロバイダと連携して家庭内全体の Wi-Fi メッシュ ネットワークを構築するルーター システムです。Google Wifi デバイスはネットワーク パフォーマンスに関するデータ(例: ネットワーク速度や帯域幅の使用状況)を使用して、Wi-Fi の受信範囲の拡大と快適な接続を実現します。ユーザーも、接続されているデバイスと、デバイスが使用している帯域幅を確認することができます。

Google Wifi デバイスについて、Google はユーザーの皆様に以下のことをお約束します。

Google Wifi デバイスによって、ユーザーのアクセスするウェブサイトが追跡されたり、Wi-Fi ネットワーク上のトラフィックの内容が監視されたりすることはありません。

Wi-Fi ネットワーク パフォーマンス データが広告サービスと共有されることはなく、広告のカスタマイズに使用されることもありません。

Google は、ユーザーまたは Wi-Fi ネットワークの管理者が許可した場合に限り、Google のスマートホーム デバイスと連携するサードパーティのアプリやサービスとのみ、Google Wifi デバイスから取得した Wi-Fi ネットワーク パフォーマンス データを共有します。

Google Wifi ルーターのデータが Google に送信されるのはなぜですか?データはどのように使用されるのですか?

Google Wifi は、お手持ちのコネクテッド デバイスの種類やネットワーク使用状況についての情報を含め、こちらに記載されているとおりデータを収集し、使用します。こちらに記載されているクラウド サービス、Wifi ポイント統計情報、アプリ統計情報のデータ(「Wi-Fi ネットワーク パフォーマンス データ」といいます)が広告のカスタマイズに使用されることはありません。Google は、こうしたデータを使用して Google サービスの最新情報をお知らせすることがあります。これには、ユーザーに役立つと思われるスマートホーム関連のデバイスやサービスに関する情報(インターネット接続を改善するための Wifi ポイント追加のご案内など)も含まれます。こちらに記載されているように、ユーザーはこのデータ収集の一部を無効にできます。

Google Wifi によって、ユーザーのアクセスするウェブサイトが追跡されたり、Wi-Fi ネットワーク上のトラフィックの内容が監視されたりすることはありません。Google Wifi はデフォルトの DNS プロバイダを「自動」に設定します。これにより、Google Public DNS、または一定の条件を満たす場合はご利用のインターネット サービス プロバイダ(ISP)の DNS が使用されます。Google Public DNS が収集するデータについて詳しくはこちらをご覧ください。DNS プロバイダは、Google Home アプリのネットワークの詳細設定からいつでも変更できます。

Wi-Fi ネットワークのパフォーマンス データがサードパーティのアプリやサービスと共有される可能性があるのはどのような場合ですか?

一例として、Wi-Fi やインターネットの接続に関する問題を解決するために、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンス データをインターネット サービス プロバイダと共有できることがあります。

Nest
Google ストア
で Nest を購入しよう。
すべての Google プロダクトに
安全性が組み込まれています。