プライバシー設定をカスタマイズ

プライバシーに対する考え方は人によってさまざまです。そこで、柔軟で使いやすいプライバシー ツールを Google アカウントに組み込むことにしました。ユーザーは、このツールを使用して自分に合ったプライバシー設定を選択でき、Google が収集し、各種サービスで利用するデータを管理できます。

Google サービスでのデータの利用を管理

  • Google アカウントに保存されているデータを管理する

    Google アカウントのページでは、情報、プライバシー、セキュリティの設定をすべて 1 か所で確認できます。ダッシュボードやマイ アクティビティなどの簡単なツールを使って、Google サービスでのアクティビティから収集されたデータがわかるようになっています。また、アクティビティ管理や広告設定などのプライバシー管理機能を利用して、Google のサービスの利便性向上のためのデータ収集やデータ利用のオンオフを切り替えることができます。

  • プライバシー診断で自分に合ったプライバシー設定を行う

    わずか数分のプライバシー診断で、Google が収集するデータの種類を管理したり、友だちと共有する情報や一般に公開する情報を設定したり、表示する広告の種類を調整したりすることができます。この設定は必要に応じて何度でも変更できるほか、設定を確認するために定期的にリマインダーを受け取ることもできます。

  • アカウントに保存するデータをシンプルなオンとオフで設定する

    たとえばマップに適切な通勤経路が表示されたり検索結果の表示が速くなったりと、アカウントにデータを保存することによって Google サービスはより一層便利になります。アクティビティ管理を使用すると、 Google サービスをパーソナライズして利用するためにアカウントにどの種類のアクティビティを関連付けるかを設定したり、また、指定した種類のデータ(検索や閲覧の履歴、ロケーション履歴、スマートフォン、パソコン、タブレットの情報)の収集を一時的に停止したりすることができます。

  • アカウントに保存されているデータをマイ アクティビティで確認、管理する

    マイ アクティビティには、Google サービスでこれまでに行った検索、閲覧、視聴などの情報がすべてまとめられています。過去のオンライン アクティビティを簡単に思い出せるようにするため、トピック、日付、サービスごとに検索できるツールが用意されています。特定のアクティビティを完全に削除することもできますし、アカウントに関連付けておきたくないトピックをまとめて削除することもできます。

  • ダッシュボードで Google アカウントに保存されているデータを確認、管理する

    ユーザーが利用している Google サービスと、各サービスに保存されているデータの概要を 1 か所で簡単に確認できます。過去 1 か月間の Google アクティビティを確認したり、送受信したメールの数や保存したドキュメントおよび写真の数を確認したり、Gmail の設定について調べたりできます。また、必要な場合は、関連するサービスの設定やヘルプセンターの記事にアクセスすることもできます。

  • データをダウンロードして利用する

    ダウンロード機能を使うと、写真、メール、連絡先、ブックマークなど、Google アカウントに保存したデータのダウンロード、コピー、バックアップ、別サービスへの移動などができます。

    Google フォト、Google ドライブ、Google カレンダー、Gmail などの Google サービスから、さまざまな形式のデータをダウンロードできます。また、それらのデータを Dropbox、Microsoft OneDrive、Box などのサービスにエクスポートすることもできます。

  • 公開する個人情報を選択し、他のユーザーが連絡を取れるようにする

    名前、メールアドレス、電話番号などの個人情報を管理し、ハングアウト、Gmail、Google フォトなどの Google サービスで他のユーザーがあなたを見つけて連絡が取れるようにします。

  • Google が広告の表示に使用する情報を管理する

    広告設定では、どのようなデータを広告のカスタマイズに使用するかを簡単に管理できます。これには、ユーザーが Google アカウントに追加した情報、ユーザーのアクティビティを基に Google が推定した興味や関心、Google のサービスを利用する他の広告主に対してユーザーが以前に行った操作などが含まれます。

    どのような広告が表示されるかにはユーザーのアクティビティが影響しますが、コントロールすることができます。たとえば、YouTube で最近のサッカーの試合のハイライトを視聴した場合や、Google で「近くのサッカー場」を検索した場合、Google はそのユーザーがサッカーファンだと判断することがあります。また、Google のサービスを利用する広告主のサイトにアクセスした場合は、そのサイトでのアクティビティを基に広告が表示されることがあります。

    広告のカスタマイズがオンになっている場合、カスタマイズに使用するデータ(年齢や性別、推定された興味や関心、広告主に対して以前に行った操作など)の選択や、これらのデータを使用する理由の確認、広告のカスタマイズの無効化などの操作ができます。カスタマイズを無効にしても広告は表示されますが、ユーザーとの関連性は低くなります。

  • シークレット モードで閲覧履歴を残さずにインターネットを利用する

    オンライン履歴を利用すると検索結果が改善されますが、何を閲覧したかを他の人に知られたくない場合もあります。たとえば夫婦でパソコンを共有している場合、誕生日のサプライズ プレゼントの閲覧履歴が残ってしまうのは困りますよね。このような場合は、Chrome のシークレット ウィンドウを使用すると、閲覧履歴を残さずにブラウジングできます。

セキュリティに関する Google の取り組みについて

セキュリティ

Google は、業界最高水準のセキュリティでユーザーのオンライン活動を保護します。

プライバシー

Google は、あらゆる人のプライバシーを守るために取り組んでいます。

ファミリー向け

Google は、家族のオンライン活動を管理できるようにサポートします。