オンラインでの安全性を保つ
ためのツールとヒント。

Google は、業界最高水準のセキュリティでプライバシーを自動的に保護しています。追加の設定をいくつか行うことで、オンラインでのセキュリティを管理し、自分にとって適切な保護レベルを選択できます。

Google アカウントの
セキュリティを強化。

セキュリティ診断

セキュリティ診断を行う

Google アカウントを保護する簡単な方法として、セキュリティ診断を行うことをおすすめします。ステップに沿ってこのツールを使用することで、ユーザーごとに推奨される対策を設定して、Google アカウントのセキュリティを強化できます。

2 段階認証プロセス

2 段階認証プロセスでハッカーの攻撃を阻止する

2 段階認証プロセスでは、アカウントへのログイン時に、ユーザー名とパスワードの入力以外にもう 1 つの操作を要求することにより、第三者によるアカウントへの不正アクセスを防ぎます。Google は、標的型オンライン攻撃のリスクに対して、より強力な保護を必要とするユーザーのために、高度な保護機能プログラムを開発しました。

パスワード管理
をサポート。

強力な固有のパスワードを使用する

強力な固有のパスワードを作成することは、プライバシーを保護する上で最も重要なことの 1 つです。Google アカウント、ソーシャル メディアのプロフィール、小売店のウェブサイトなど、複数のアカウントで同じパスワードを使ってログインしていると、セキュリティ リスクが高まります。

すべてのパスワードを管理する

パスワード マネージャー(Google アカウントにも用意されています)を利用すると、サイトやアプリで使用するパスワードを管理し、保護できます。Google のパスワード マネージャーですべてのパスワードの作成、記憶、保存を行うことで、アカウントに安全かつ簡単にログインできます。

セキュリティの問題がないかパスワードを確認する

パスワード チェックアップを使用して、保存したすべてのパスワードの安全度とセキュリティを確認してください。サードパーティのサイトやアカウント用に保存したパスワードが不正使用されたかどうかをすばやく確認し、必要に応じて簡単にパスワードを変更できます。

強力な固有のパスワードを使用する

強力な固有のパスワードを作成することは、プライバシーを保護する上で最も重要なことの 1 つです。Google アカウント、ソーシャル メディアのプロフィール、小売店のウェブサイトなど、複数のアカウントで同じパスワードを使ってログインしていると、セキュリティ リスクが高まります。

すべてのパスワードを管理する

パスワード マネージャー(Google アカウントにも用意されています)を利用すると、サイトやアプリで使用するパスワードを管理し、保護できます。Google のパスワード マネージャーですべてのパスワードの作成、記憶、保存を行うことで、アカウントに安全かつ簡単にログインできます。

セキュリティの問題がないかパスワードを確認する

パスワード チェックアップを使用して、保存したすべてのパスワードの安全度とセキュリティを確認してください。サードパーティのサイトやアカウント用に保存したパスワードが不正使用されたかどうかをすばやく確認し、必要に応じて簡単にパスワードを変更できます。

デバイスの安全性を確保。
ウェブを安全にブラウジング。
接続が安全ではないという通知が表示されたスマートフォン
オンライン詐欺を回避し、
フィッシング攻撃から身を守る。

詐欺の手口を理解する

詐欺グループは、正当なメッセージに見せかけることによって相手の善意につけこみます。詐欺の手段として、メールのほかにもテキスト メッセージ、自動音声電話、悪意のあるウェブサイトが使われます。

不審な URL やリンクではないか常に確認する

フィッシングは、パスワードや銀行口座情報など、重要な個人情報や金融機関情報をだまして入手しようとする行為です。これには偽のログインページをはじめとして、さまざまな形があります。フィッシングの被害に遭わないように、不審なリンクはクリックしないでください。そのためには、リンクにカーソルを合わせるか、モバイル上のテキストを長押しして、ウェブサイトやアプリが正当なものであり、URL が「https」で始まっていることを確認してください。

なりすましに注意する

詐欺グループは、政府機関や非営利団体などの正当な組織を装っている可能性があります。そうした組織を名乗る差出人からのメッセージを読む際は、十分注意してください。知り合いから届いたメールに不審な点がある場合は、その知り合いのアカウントがハッキングされている可能性があります。メールが本物であることを確認できるまでは、メッセージに返信したりメッセージ内のリンクをクリックしたりしないでください。緊急の送金依頼や、外国で困難な状況に陥っているという相談、スマートフォンが盗まれたため電話できないという人物からのメールには注意が必要です。

メールでの詐欺や個人情報の要求に注意する

知らない相手からのメッセージを疑う必要があることはもちろん、信頼できる相手(利用している銀行など)からのメッセージであっても、なりすましである可能性があるため注意が必要です。個人情報の入力を求める不審なメール、インスタント メッセージ、ポップアップ ウィンドウなどには返信しないでください。また、疑わしいリンクをクリックしたり、不審なフォームやアンケートに個人情報を入力したりしないでください。非営利団体への寄付を求められた場合は、送られてきたリンクをクリックせずに、直接その団体のウェブサイトにアクセスして寄付を行うようにしてください。

ファイルをダウンロードする前に再確認する

フィッシングの中には、ウイルスに感染したドキュメントや PDF の添付ファイルを通じて攻撃を仕掛ける高度なものもあります。疑わしい添付ファイルを見つけた場合は、Chrome または Google ドライブを使用してファイルを開いてください。自動的にファイルがスキャンされ、ウイルスが検出された場合は警告が表示されます。

詐欺の手口を理解する

詐欺グループは、正当なメッセージに見せかけることによって相手の善意につけこみます。詐欺の手段として、メールのほかにもテキスト メッセージ、自動音声電話、悪意のあるウェブサイトが使われます。

不審な URL やリンクではないか常に確認する

フィッシングは、パスワードや銀行口座情報など、重要な個人情報や金融機関情報をだまして入手しようとする行為です。これには偽のログインページをはじめとして、さまざまな形があります。フィッシングの被害に遭わないように、不審なリンクはクリックしないでください。そのためには、リンクにカーソルを合わせるか、モバイル上のテキストを長押しして、ウェブサイトやアプリが正当なものであり、URL が「https」で始まっていることを確認してください。

なりすましに注意する

詐欺グループは、政府機関や非営利団体などの正当な組織を装っている可能性があります。そうした組織を名乗る差出人からのメッセージを読む際は、十分注意してください。知り合いから届いたメールに不審な点がある場合は、その知り合いのアカウントがハッキングされている可能性があります。メールが本物であることを確認できるまでは、メッセージに返信したりメッセージ内のリンクをクリックしたりしないでください。緊急の送金依頼や、外国で困難な状況に陥っているという相談、スマートフォンが盗まれたため電話できないという人物からのメールには注意が必要です。

メールでの詐欺や個人情報の要求に注意する

知らない相手からのメッセージを疑う必要があることはもちろん、信頼できる相手(利用している銀行など)からのメッセージであっても、なりすましである可能性があるため注意が必要です。個人情報の入力を求める不審なメール、インスタント メッセージ、ポップアップ ウィンドウなどには返信しないでください。また、疑わしいリンクをクリックしたり、不審なフォームやアンケートに個人情報を入力したりしないでください。非営利団体への寄付を求められた場合は、送られてきたリンクをクリックせずに、直接その団体のウェブサイトにアクセスして寄付を行うようにしてください。

ファイルをダウンロードする前に再確認する

フィッシングの中には、ウイルスに感染したドキュメントや PDF の添付ファイルを通じて攻撃を仕掛ける高度なものもあります。疑わしい添付ファイルを見つけた場合は、Chrome または Google ドライブを使用してファイルを開いてください。自動的にファイルがスキャンされ、ウイルスが検出された場合は警告が表示されます。

インターネットを安全にご利用いただくための Google の取り組み