ユーザーの個人情報を販売しない

Google はデータを利用して、ユーザーに関連性の高い広告を Google サービス、パートナー ウェブサイト、モバイルアプリに配信しています。これらの広告から得た利益は、Google がサービスを開発し、それを無料で提供するために役立てられています。ユーザーの個人情報は販売目的で収集しているわけではありません。また、ユーザーが広告設定を柔軟に変更し、表示される広告をきめ細かく管理できるようにしています。

Google 広告の仕組みを理解する

  • データを利用してユーザーに役立つ関連性の高い広告を配信する

    Google では、データを活用してサービスの利便性を高めるとともに関連性の高い広告を表示することで、Google のサービスを誰にでも無料でご利用いただけるようにしています。Google では、広告主やその他の第三者が個人を特定できないような形で、ユーザーの検索内容、位置情報、使用したウェブサイトやアプリ、表示した動画や広告、ユーザーが Google に提供した年齢層や性別などの基本情報を含むデータを利用することがあります。

    広告設定にもよりますが、ログインしているすべての端末や、Google のサービスを利用して広告を表示するすべてのサイトで、こうしたデータに基づいて広告が表示されます。たとえば職場のパソコンで旅行のウェブサイトを閲覧した日の夜に、Google によって、パリ行き航空チケットの広告がスマートフォンに配信される場合があります。

  • 広告主から広告掲載の費用を受け取る

    Google では、Google が運営するサービスと、Google のサービスを利用するサイトやアプリの両方で、どのようにして広告で収益を得ているかの透明性を高めたいと考えています。広告にはさまざまな種類があり、掲載しただけで費用が発生するものもあれば、視聴者側のアクションによって費用が発生するものもあります。後者の場合、たとえば、視聴者が広告を視聴またはクリックするたびに、または特定の操作(アプリのダウンロード、リクエスト フォームの記入など)を行うたびに広告費が発生します。

  • 広告主に掲載結果データを提供する

    広告主には広告の掲載結果に関するデータを提供しますが、それに伴ってユーザーの個人情報まで提供することはありません。広告表示プロセスのあらゆる段階において、ユーザーの個人情報は厳重に保護され、プライバシーは守られます。

Google 広告の利便性をユーザーが管理

  • Google が広告の表示に使用する情報を管理する

    広告設定では、どのようなデータを広告のカスタマイズに使用するかを簡単に管理できます。これには、ユーザーが Google アカウントに追加した情報、ユーザーのアクティビティを基に Google が推定した興味や関心、Google のサービスを利用する他の広告主に対してユーザーが以前に行った操作などが含まれます。

    どのような広告が表示されるかにはユーザーのアクティビティが影響しますが、コントロールすることができます。たとえば、YouTube で最近のサッカーの試合のハイライトを視聴した場合や、Google で「近くのサッカー場」を検索した場合、Google はそのユーザーがサッカーファンだと判断することがあります。また、Google のサービスを利用する広告主のサイトにアクセスした場合は、そのサイトでのアクティビティを基に広告が表示されることがあります。

    広告のカスタマイズがオンになっている場合、カスタマイズに使用するデータ(年齢や性別、推定された興味や関心、広告主に対して以前に行った操作など)の選択や、これらのデータを使用する理由の確認、広告のカスタマイズの無効化などの操作ができます。カスタマイズを無効にしても広告は表示されますが、ユーザーとの関連性は低くなります。

  • 広告の表示にどのデータが使用されたか確認する

    Google では、広告の表示にどのデータが使用されているかを、ユーザー側で把握できるようにしたいと考えています。[この広告について] は、特定の広告が表示された理由を確認するための機能です。たとえば、カメラの広告が表示された理由としては、「カメラについて検索した」、「写真に関わるサイトを訪れた」、「以前カメラの広告をクリックした」などの理由が考えられます。レストランの広告が表示されたのは、位置情報やモバイルアプリでのアクティビティによるものかもしれません。Google では、これらのデータを利用して、できるだけユーザーの役に立つ広告を表示したいと考えています。ただし、これらの個人情報を広告主と共有することはありませんのでご安心ください。

    [この広告について] にアクセスするには、Google のサービス(検索、YouTube、Gmail、Play、ショッピングなど)に表示される情報アイコンをクリックします。Google のサービスを利用して広告を表示するサイトやアプリのほとんどの広告も、これに似たアイコンをクリックすることで [この広告について] にアクセスできます。

  • 表示したくない広告を削除する

    広告の表示に Google のサービスを利用しているウェブサイトやアプリでは、表示される広告の多くをすぐに閉じることができます。広告の隅にある [X] をクリックすると、不要になった広告を閉じることができます。たとえば、車の購入を検討しているときは自動車の広告が役に立ちますが、購入後は不要になるでしょう。

    広告設定にもよりますが、ログインしているどの端末からアクセスした場合でも、Google のサービスを利用して広告を表示するウェブサイトやアプリに表示される広告にはこの設定が適用されます。また、Chrome やほとんどのブラウザではポップアップ広告を無効にすることができます。

  • 特定の広告主の広告をオフにする

    Google サービスとインターネット上の両方で広告の利便性を管理できます。広告主によっては、自分のサイトを以前訪問したことのあるユーザーに広告を表示して、再訪を促すことがあります。たとえば、以前に靴を購入していた場合は、靴の広告が表示されることがあります。そうした広告を表示したくない場合は理由を問わず、Google 検索、YouTube、Gmail などの Google サービスを通してあなたをフォローしている特定の広告主からの広告をオフにできます。この設定は、インターネットで Google のサービスを利用して広告を表示するサイトやアプリにも適用されます。

    ログインしていれば、広告設定のページで、特定の広告主からの広告が Google のサービスで表示されないように設定できます。

データを利用してユーザーに役立つ広告を配信

  • ユーザーのアクティビティを基に関連性の高い検索広告を表示する

    Google 検索を実行すると、関連性のある検索結果と一緒に広告が表示されることがあります。ほとんどの場合、こうした広告は実行した検索やユーザーの位置情報に基づいて表示されます。たとえば「自転車」で検索すると、その付近の自転車屋の広告が表示される場合があります。

    それ以外にも、よりユーザーに役立つ広告を配信するため、過去の検索や以前訪れたサイトなどの情報を追加的に使用することもあります。以前「自転車」を検索していて今回「休暇」を検索すると、休暇中にサイクリングを楽しめる観光地の検索広告が表示される可能性もあります。

  • ユーザーのアクティビティに基づいて Gmail 広告を表示する

    Gmail に表示される広告は、お使いの Google アカウントに関連付けられたデータに基づいています。たとえば、YouTube や検索など他の Google サービスでのアクティビティに応じて Gmail に表示される広告が変わることがあります。Google では、広告を表示するために受信トレイ内のキーワードやメッセージを利用することはありません。広告を表示する目的でメールの内容が第三者に公開されることはありません。

  • おすすめのアプリを見つけるのに役立つ Google Play 広告

    Google Play ストアでは、Google や他のデベロッパーが提供する数多くのアプリを入手できます。Android 搭載端末でストアにアクセスすると、検索キーワード、インストールまたは使用したことのあるアプリ、現在利用中のアプリとの類似度などに基づいて広告が表示される場合があります。たとえば、「旅行アプリ」を検索すると、旅行を計画するアプリの広告が表示されることがあります。

  • 検索や視聴の履歴を基に関連性の高い YouTube 広告を配信する

    YouTube で動画を見ていると、動画ページで広告が先に再生されたり、トップページで関連動画として広告が再生されたりすることがあります。こうした広告は、動画の視聴履歴、検索した内容や場所、使用したアプリなどのデータに基づいて表示される場合があります。

    たとえば、「インテリア」を検索したり日曜大工の動画を見たりすると、リフォームに関する広告が表示されることがあります。このような広告は、視聴している動画の作成者を支援するために役立てられています。

    YouTube 広告の多くは、見たくなければスキップできます。また、YouTube Premium を定期購入することで YouTube を広告なしでお楽しみいただけます。

  • 探している商品を見つけるのに役立つショッピング広告

    Google で商品を検索すると、関連性の高い検索結果と一緒にショッピング広告が表示されることがあります。商品を販売する企業やお店は、ユーザーが探している商品を簡単に見つけてオンライン ショップや近くのお店で買えるように、ショッピング広告を利用して商品を宣伝します。こうした広告は、ユーザーが最近検索した商品、現在位置、以前訪問したオンライン ショップに基づいて表示されます。

    たとえば、「革のソファ」を検索すると、近くの家具店で販売されている革のソファの画像、価格、お店の場所などの情報を含んだ広告が表示されることがあります。

  • パートナーのウェブサイトやアプリでもオンライン アクティビティに基づいてユーザーに役立つ広告が表示される

    多くのウェブサイトやモバイルアプリが、Google のサービスを利用して広告を表示しています。こうしたパートナーのサイトやアプリに広告を表示する際は、ユーザーが読んでいるものや見ているもの、Google に登録した情報に基づくユーザーの「タイプ」、ユーザーのオンライン アクティビティから収集したデータに基づいて、対象となるユーザー層(たとえば「旅行が好きな 35~44 歳の男性」)に適切な広告を配信しています。

    Google アカウントにログインしている場合は、これまでに訪れたサイトや Chrome のブラウジング アクティビティに基づいて広告が表示されることもあります。以前ショッピング カートに追加したにもかかわらず購入しなかったハイキング シューズの広告が表示される場合などがそのケースです。このような広告が表示されたとしても、ユーザーの氏名、メールアドレス、請求情報といった個人情報は開示されておりませんのでご安心ください。

セキュリティに関する Google の取り組みについて

セキュリティ

Google は、業界最高水準のセキュリティでユーザーのオンライン活動を保護します。

プライバシー

Google は、あらゆる人のプライバシーを守るために取り組んでいます。

ファミリー向け

Google は、家族のオンライン活動を管理できるようにサポートします。