プライバシーを尊重した広告。

信頼して託されたデータを守り、尊重するのは Google の責任です。よって、Google がユーザーの個人情報を販売することは決してありません。また、あらゆるプロセスにおいてユーザーのプライバシーを保護しています。

広告表示に使用する
データを管理。

Google は、充実した広告設定オプションにより、ユーザーが自ら広告表示に使用するデータを選択し、表示される広告をきめ細かく管理できるようにしています。

広告のカスタマイズ

カスタマイズされた広告の表示にどの情報を使用するかを選択する

広告のカスタマイズに使用するデータは、広告設定で簡単に管理できます。これには、Google アカウントに追加した情報、アクティビティから推測されるユーザーの興味や関心、Google で広告を配信する他の広告主に対してユーザーが以前に行った操作などが含まれます。また、Google アカウントにログインして、アカウントに関連付けられたアクティビティ データをいつでも完全に削除することができます。

広告のカスタマイズをいつでも無効化

カスタマイズされた広告を無効にすることもできます。カスタマイズを無効にしても広告は表示されますが、ユーザーとの関連性は低くなります。ユーザーの設定は、Google アカウントでログインして利用するすべてのサービスに適用されます。これには、Google と提携して広告を表示している 200 万以上のウェブサイトとアプリが含まれます。

広告の管理

表示したくない広告を削除する

広告を表示したくない場合は、理由を問わず多くの広告は削除ができます。特定の広告主による広告のみを非表示にすることも可能です。広告設定で指定した内容は、ユーザーがログインしたデバイスで、Google のサービスおよび Google と提携して広告を表示しているウェブサイトとアプリの広告に自動的に適用されます。

表示される広告について知る。

Google は、プラットフォームにおける広告の仕組みをご理解いただけるよう、どのようなデータを使用して広告を表示しているか、表示される広告は誰が料金を払っているのかなどに関する情報提供に常に取り組んでいます。

広告の表示について

広告の表示にどのデータが使用されたかを確認する

「広告の表示について」機能により、広告が表示された理由がわかります。たとえば、カメラの広告が表示された場合、「カメラについて検索した」、「写真に関わるサイトを訪れた」、「以前カメラの広告をクリックした」などの理由が考えられます。

広告主様の身元確認

表示された広告の広告主を確認する

Google では、広告を表示したユーザーに対して広告主に関する詳しい情報を開示するために、広告主の身元確認を行っています。この取り組みの一環として、Google の広告枠の購入を希望する広告主に、身元確認プログラムを完了することを求めています。これにより、ユーザーに広告の開示情報を提供し、広告主の名前と所在する国を確認できるようにしています。

インターネットを安全にご利用いただくための Google の取り組み