インターネット セキュリティを業界全体で強化

Google には、セキュリティに関する独自の知見、経験、技術を、パートナーだけでなく世界中の企業や組織と広く共有してきた長い歴史があります。セキュリティの脅威がますます進化する中、ユーザーを保護しインターネットをより安全な場所にするには、このように業界全体で継続的に協力することが不可欠になっています。

セキュリティ ソリューションを共有し、業界全体でインターネットを安全に

  • セーフ ブラウジングで危険なサイト、アプリ、広告からユーザーを保護

    セーフ ブラウジング技術は、ウェブユーザーを不正なソフトウェアやフィッシングの脅威から守るために Google が開発したもので、危険なウェブサイトにアクセスしようとすると警告を表示します。セーフ ブラウジングは Chrome ユーザーを守るだけはありません。Google は、誰にとっても安全なインターネットを実現するため、セーフ ブラウジング技術を他の企業が無料で利用できるようにしたため、Apple Safari や Mozilla Firefox などの製品にも採用されました。現在は、30 億台以上の端末がセーフ ブラウジングで保護されています。また、Google では、サイトの所有者にセキュリティ上の脆弱性を警告し、問題を迅速に修正できる無料のツールも提供しています。

  • HTTPS による暗号化がインターネットのブラウジングを安全にする

    Google のウェブサイトは HTTPS で暗号化されているため、サイトに接続してクレジット カード番号などの個人情報を入力しても情報を傍受される心配はありません。Google では、他のウェブサイトでも HTTPS の採用が進むよう、デベロッパー向けにツールやリソースを提供しています。ウェブサイトが HTTPS 暗号化されているかどうかは、Google 検索のランキングを決めるアルゴリズムで利用される基準の一つのにもなっています。「.google」や「.app」などのトップレベル ドメインでも HTTPS が採用されており、加えて HSTS プリロードが設定されているため、これらのドメインでは HTTPS の使用が必須となります。

  • セキュリティ リスク防止のために、デベロッパーにセキュリティ ツールを公開

    Google は、社会のために役立つと考えたセキュリティ技術を公開しています。たとえば、デベロッパーに無料で公開されている Google Cloud Security Scanner を利用すると、ウェブ アプリケーションを App Engine でスキャンしてセキュリティの脆弱性を分析できます。

  • ニュース ウェブサイトのダウンを防ぐ Project Shield

    Project Shield は、Google の技術を利用して、ニュースサイト、人権サイト、選挙サイトを分散型サービス拒否(DDoS)攻撃から守るサービスです。DDoS 攻撃は、偽のトラフィックを大量に送りつけることでウェブサイトをダウンさせ、ユーザーが重要な情報にアクセスするのを妨げます。ウェブサイトの容量や攻撃の規模に関係なく、Project Shield はいつでも無料でご利用いただけます。

業界最高水準のセキュリティ イノベーションと透明性

  • Google の最も強力なセキュリティ機能でリスクの高いユーザーを標的型攻撃から守る

    セキュリティ意識がきわめて高いユーザーでも、フィッシング詐欺などの巧妙で標的を絞った攻撃にだまされる可能性はあります。高度な保護機能プログラムは、Google の提供する中で最も強力なセキュリティ サービスです。政策立案者、政治団体、ジャーナリスト、活動家、ビジネス リーダーなど、標的型攻撃のリスクがあるユーザーや、巧妙なデジタル攻撃に対して脆弱だと感じているユーザーの Google アカウントを保護するように設計されています。

  • Google の取り組みに関するデータを公開してインターネットをより安全に

    Google では 2010 年から透明性レポートを公開し、フィッシングや不正なソフトウェアの検出、セーフ ブラウジングなどのセキュリティに関する取り組みについての統計情報を開示しています。また、業界において、ウェブサイトやメールの暗号化がどこまで採用されているかを示すデータも公表しています。こうしたデータの公開は、Google の取り組みがどこまで進んでいるかを明らかにするだけでなく、他の企業がより強力なセキュリティ標準を採用するよう促し、インターネット全体をより安全にすることを目的としています。

業界全体の技術水準を高めてセキュリティを向上

  • セキュリティ報告の報奨制度でセキュリティの脆弱性を発見

    Google では、セキュリティ報告の報奨制度を設け、Google サービスの脆弱性を見つけてくれた独立系の研究者に報奨金をお支払いしています。ユーザーを安全に守る Google の取り組みに最先端の技術で貢献してくださる外部機関に感謝して、調査やバグ修正の報奨金として、毎年数百万ドルを支出しています。現在、Chrome や Android など多くの Google サービスでセキュリティ報告の報償を提供しています。

    独立系の研究者との連携に加えて、Project Zero という社内のエンジニア チームも結成しており、インターネットで使用されているソフトウェアのセキュリティ上の欠陥を特定して対処しています。

  • 第一線の研究者と協力してセキュリティ ソリューションの研究を進める

    Google の研究者は、大学、業界団体、非政府組織(NGO)のパートナーと幅広く協力し、セキュリティ、プライバシー、不正防止に関する研究を進めています。Google は積極的な共同作業を通じて、あらゆるユーザーを守るためのイノベーティブな解決策を模索しており、Google の研究者は、野心的な研究プロジェクトに対して、専門知識や Google 内のリソースを公開することによりサポートしています。

  • ログインの安全性向上のために認証基準を改善する

    Google は、ウェブ上での安全なログイン方法と認証基準の共同開発・導入において、常に最前線を走ってきました。一元的なウェブ標準の開発により、業界を横断したコラボレーション、技術や情報の共有を実現しています。たとえば、非営利団体 FIDO Alliance とのパートナーシップでは、企業の従業員にアカウントに安全にアクセスしてもらえるように、企業向けの新しい業界標準を共に策定し、導入を進めています。

  • すべての人のセキュリティ向上のため、オンラインの安全性に関する資料やトレーニングを提供

    Google では、世界中の人々が安全にインターネットを利用できるよう、教材、トレーニング、ツールを提供しています。Google のアウトリーチ チームは、教育関係者、学生、保護者、高齢者、障がい者など、毎年 1 億人以上の人々に、オンラインの安全性に関する情報やトレーニングを提供しています。

セキュリティに関する Google の取り組みについて

セキュリティ

Google は、業界最高水準のセキュリティでユーザーのオンライン活動を保護します。

プライバシー

Google は、あらゆる人のプライバシーを守るために取り組んでいます。

ファミリー向け

Google は、家族のオンライン活動を管理できるようにサポートします。