プライバシーとセキュリティ原則

Google は、すべてのユーザーのプライバシーを尊重します。それは、誰もが無料で利用できる製品やサービスを開発、提供することに伴う責任です。テクノロジーが進化し、プライバシー保護への要求が高まる中、このことは非常に重要です。Google の社員、プロセス、サービスは、ユーザーデータのプライバシーと安全性を維持するため、本プライバシー原則に従っています。

  1. 1. ユーザーとそのプライバシーを尊重する。

    Google は、この 2 つの概念は不可分であると考えています。Google が創業当初からこれまでに開発し、そしてこれからも開発し続けるすべてのサービスの根底には、これら 2 つの概念から構成される 1 つの理念があります。それは、「Google を信頼して情報を提供し、そのサービスを利用してくれるユーザーのために、Google は正しいことをする責任がある」というものです。そのため Google は、活用するデータやその利用方法、保護方法について、常に熟慮を重ねています。

  2. 2. 収集するデータの内容とその目的を明確にする。

    Google のサービスをどのように利用するかについて、ユーザーが十分な情報に基づいて適切な判断を下せるよう、Google では、Google が収集するデータの内容、その利用方法、収集の目的をわかりやすく説明するように努めています。サービスの透明性を保つため、情報を入手しやすく、わかりやすく、そして具体的にしています。

  3. 3. ユーザーの個人情報を決して販売しない。

    Google がデータを利用するのは、Google 検索や Google マップなどのサービスをできる限り便利なものにするためです。また、ユーザーに対し、より関連性の高い広告を表示するためでもあります。これらの広告から得た利益は、Google がサービスを開発し、それを無料で提供するために役立てられています。ユーザーの個人情報は販売目的で収集しているわけではありません。

  4. 4. ユーザーが自分のプライバシーを簡単に管理できるようにする。

    プライバシーに対する考え方は、人によってさまざまです。自分に合ったプライバシー設定を選択できるように、すべての Google アカウントにはデータ管理をオンまたはオフにする機能が実装されています。テクノロジーの進化に合わせて、Google はプライバシー コントロールも進化させます。それは、ユーザー自身がプライバシーを自由に設定できるようにするためです。

  5. 5. ユーザーが自分自身のデータを確認、移動、削除できるようにする。

    すべてのユーザーは、タイミングや理由を問わず、Google と共有している個人情報にいつでもアクセスできるべきであると Google では考えています。そのため Google は、ユーザーが自分のデータに簡単にアクセスして内容を確認し、ダウンロードや別のサービスへの移動、完全な削除を行えるように配慮しています。

  6. 6. Google サービスに業界最高水準の強固なセキュリティ技術を導入する。

    ユーザーのプライバシーを尊重するということは、Google を信頼して提供してくれたデータを適切に保護するということです。すべての製品とサービスの安全性を守るため、Google は、世界で最も先進的なセキュリティ インフラストラクチャを継続的に開発、導入しています。具体的には、進化するオンラインの脅威を検出し、ユーザーを保護する独自のセキュリティ技術を開発、強化し続けています。

  7. 7. すべての人のオンライン セキュリティを強化するための模範を示す。

    ユーザーのオンライン活動を保護する取り組みは Google だけで完結するものではなく、インターネット全体に広げていく必要があります。Google は、現在幅広く利用されているセキュリティ基準の多くを最初に策定した企業であり、誰もが使用できる新たなセキュリティ技術を継続的に開発しています。Google は、セキュリティに関する研究成果や経験、ツールを、世界中のパートナーや各種組織、競合他社と共有していますが、これは、インターネット全体のセキュリティを維持するためには、業界全体にわたる協力が必要であるためです。

セキュリティに関する Google の取り組みについて

セキュリティ

Google は、業界最高水準のセキュリティでユーザーのオンライン活動を保護します。

プライバシー

Google は、あらゆる人のプライバシーを守るために取り組んでいます。

ファミリー向け

Google は、家族のオンライン活動を管理できるようにサポートします。