Google Pixel は、充実の保護機能搭載でいつも安心。

スマートフォンには、金融情報、個人情報、写真など、あなたの生活に関わるさまざまな情報が記録されています。Google Pixel では、データを自分で管理して、あなた自身やあなたのデータを保護できます。

Google Pixel はあなた自身とあなたのデータを保護します。
徹底したセキュリティ。

スマートフォンには、金融情報、個人情報、写真など、あなたの生活に関わるさまざまな情報が記録されています。そのため、Google Pixel には徹底したセキュリティ対策が施されています。Google Pixel ではハードウェアとソフトウェアが連携してスマートフォンとデータのプライバシー、安全性、セキュリティを確保します。

Google Tensor

Google Tensor

Google が独自に開発したプロセッサを搭載した Google Pixel 6 以降では、速度、効率、安全性が強化されています。1 また、ユーザー エクスペリエンスがさらにパーソナライズされ、より便利になります。

Titan M2 チップ

Google Tensor と Titan M2 セキュリティ チップを搭載した Google Pixel は複数のセキュリティ レイヤを備えており、個人情報を保護します。Google Cloud データセンターの保護に使用されているチップから開発された Titan M2 は、ID、SIM カード、銀行カードのセキュリティ チップにも使用されている実質的な国際基準に基づいてテストされています。詳細

オンデバイス インテリジェンス

Google は自社プロダクトの利便性を高めるために、機械学習(ML)を活用してきました。オンデバイス インテリジェンスでは Google Pixel に搭載されている ML モデルを使用して、顔認証、「この曲なに?」機能、自動字幕起こし、メッセージのスマート リプライなどの機能を提供します。これらの機能では、より多くのデータがスマートフォン上に維持され、プライバシーが保護されます。

また、Google はプライバシー保護のために、データをデバイス上に留める目的でも ML を使用しています。そこではフェデレーション ラーニングAndroid Private Compute Core などのテクノロジーを使用しています。詳細

オンラインでの保護の強化(近日提供予定)

Google Pixel 7 と Google Pixel 7 Pro には Google One VPN が組み込まれており、アプリやウェブブラウザの種類を問わずにオンラインのアクティビティを保護できます。2

保証された自動アップデート

Google Pixel では、ユーザーや機密情報を保護するために、最低 5 年間のセキュリティ アップデートが提供されます。3 そのため、使い続けるほど安全性が高まります。Google アプリは Google Play 経由で更新できるため、新機能やセキュリティ修正プログラムがリリースされると、Google Pixel にすぐに適用できます。

プライバシーを重視したデザイン。

進化する Google の機械学習と AI により、Google Pixel はさらに便利になり、データのプライバシーも保護されます。

通話スクリーニング

通話スクリーニング

通話スクリーニング機能では、Google アシスタントを使用して電話の相手と用件を出る前に確認できます。4 これにより迷惑電話をブロックし、時間を節約できます。通話スクリーニングをオンにしても、Google アカウント、[Google アシスタント アクティビティ] ページ、[ウェブとアプリのアクティビティ] のいずれにも、スクリーニングした通話の情報が保存されることはありません。詳細

発信者番号と迷惑電話対策

知らない番号からの通話は、詐欺の可能性があります。そのため、Google Pixel には発信者番号と迷惑電話対策の機能が搭載されており、連絡先に登録していない発信者や企業については、その情報が表示されます。また、迷惑電話の疑いがある場合は警告が表示されます。5 詳細

SMS スパム対策

メッセージのスパム対策では、スパムの疑いがあるウェブサイトや安全でないウェブサイトを検出した場合に警告を表示します。スパムの疑いがあるという警告が表示された場合、実際にスパムであるかどうかを確認できます。迷惑なメッセージを受け取った場合はいつでも報告できます。また、送信者をブロックして今後メッセージを受け取らないようにすることもできます。

この曲なに?

「この曲なに?」機能では、近くで再生されている曲を Google Pixel が認識して、曲の情報をホーム画面上に表示します。「この曲なに?」機能はすばやく動作します。また、外部に情報が送信されることもありません。フェデレーション分析というプライバシー保護技術を使用して、個々のスマートフォンの音声データを収集することなく、すべての Google Pixel で頻繁に利用されている曲を割り出し、ローカル環境の楽曲データベースを常に更新します。ユーザーが再生している曲が Google に知られることはありません。詳細

Gboard

Google Pixel のキーボードでは、音声、グライド入力、ジェスチャーを使用してテキスト メッセージを送信できます。Google Pixel 6 以降ではアシスタントの音声入力も使用できます。6 アプリを切り替えることなく、900 以上の言語から選択したり、GIF、絵文字、ステッカーなどを共有したりできます。Gboard ではフェデレーション ラーニングという機械学習のアプローチを採用しています。これにより、入力内容のプライバシーを保護しながら、自動修正、入力候補、絵文字候補の機能を改善できます。Gboard が学習した内容は Google のサービスに送信されることがありますが、ユーザーが入力した内容や話した内容は含まれません。送信されたデータは他のユーザーから学習した内容と組み合わされ、音声や手動での入力モデルの精度向上のために利用されます。詳細

自動字幕起こし

自動字幕起こしアイコンをタップすると、メディア、通話、動画、ポッドキャスト、音声メッセージ、自分で録音した音声などの内容が自動で字幕表示されます。7 音声が検出されるとすぐに、画面に字幕が表示されます。Google Tensor によって強化された自動字幕起こし機能は、省電力で動作します。字幕はすべて Google Pixel 上で処理、保存され、クラウドには保存されません。詳細

リアルタイム翻訳

リアルタイム翻訳を使用すると、別の言語の内容を理解し、コミュニケーションを図ることができます。さらに、Google Tensor によってより高速かつインテリジェントになります。8 プライバシーを保護しながら、チャットが安全に自動で翻訳されます。対面での会話でも、リアルタイム翻訳を通訳として利用できます。その場合は「OK Google, 通訳になって」と言うだけです。 詳細

Google アシスタント

Google アシスタントでは、音声を使用してさまざまな操作を行えます。9 Google Pixel の Google アシスタントは、「OK Google」のような起動ワードを検出するまでは、スタンバイ モードで待機するように設計されています。10 スタンバイ モードの状態では、ユーザーが話しかけた内容をアシスタントが Google や他のユーザーなどに送信することはありません。デフォルトでは、Google はアシスタントの音声録音を Google アカウントに保持しません。詳細

保護と管理。

Google Pixel はデータを保護するために積極的な対策を講じており、共有するデータの設定はユーザーが細かく管理できます。

Google Play プロテクト

Google Play プロテクト

Google Play ストアのアプリはすべて、厳しいセキュリティ テストを受けてから承認されています。Google の機械学習システムは、毎日最大 1,250億のアプリをスキャンし、デバイス、データ、アプリをマルウェアから保護するためにバックグラウンドで常に動作しています。アプリをどこからダウンロードする場合でも、ダウンロード前、ダウンロード中、ダウンロード後にアプリをスキャンしています。詳細

セーフ ブラウジング

Google セーフ ブラウジングでは、ユーザーが危険なサイトにアクセスしたり危険なファイルをダウンロードしたりしようとすると警告を表示して、Google Pixel をフィッシング攻撃から保護します。また、セーフ ブラウジングでは、ウェブサイトが悪意のある攻撃者によって侵害されると、問題の診断と解決に役立つよう管理者に通知し、訪問者の安全を確保します。

セーフ ブラウジングでは、プライバシーを保護しながら安全性を確保できます。報告されたサイトのリストがデバイスに保存され、リストに記載されたサイトにアクセスすると、そのサイトの URL の一部がブラウザから Google に送信されます。共有された情報から、実際に訪問したサイトを Google が把握することはありません。詳細

フィッシング対策

Google Pixel に搭載されたフィッシング対策の保護機能によって、電話、テキスト メッセージ、メール、他のアプリから送信されたリンクなどによる潜在的な脅威が通知されます。

組み込み VPN(近日提供予定)

Google Pixel 7 と Google Pixel 7 Pro には Google One VPN が組み込まれており、アプリやウェブブラウザの種類を問わずにオンラインのアクティビティを保護できます。2

セキュリティ ハブ

セキュリティ ハブによって、スマートフォン、アカウント、パスワードが保護されます。すべてのセキュリティ設定が 1 か所にまとまっているため、チェックや管理が簡単です。

権限

アプリでは、写真や位置情報などのセンシティブ データにアクセスする前にユーザーの許可を得る必要があります。権限のリクエストはアプリの使用状況に応じて送信されるため、その権限が実際に必要になるまでリクエストが表示されることはありません。権限は、設定でいつでもオフにできます。また、位置情報の設定を管理することもできます。特定のアプリに対して、バックグラウンドでの位置情報へのアクセスを許可する、アプリの使用中にのみ位置情報へのアクセスを許可する、一切のアクセスを認めない、という制御も可能です。Android では、使用していないアプリの権限は自動的にリセットされます。Android は通常、1 か月間に 30 億を超える権限を自動的にリセットし、10 億を超えるインストール済みのアプリに影響を与えます。

Google アカウントの設定

YouTube、検索、Google マップなど、Google のプロダクトとサービスでは、有用性と関連性を高めるためにユーザーのデータを使用します。ただし、こうした情報の利用方法は、個々のユーザーが自分自身で選択できます。Google が収集するデータの内容やその利用方法、収集の目的などについても情報を公開しています。また、Google アカウントでは、使いやすいデータ管理機能によりユーザーが自分に合ったプライバシー設定を選択できるようにしています。詳細

プライバシー ダッシュボード

プライバシー ダッシュボードでは、シンプルでわかりやすいタイムライン ビューで、過去 24 時間に位置情報、マイク、カメラにアクセスしたアプリの情報が表示されます。想定よりも多いデータにアクセスしているアプリがある場合は、ダッシュボードで管理してそれらのアプリの権限をすぐに変更できます。

マイクとカメラの切り替え

アプリがカメラまたはマイクにアクセスしていると、Google Pixel のステータスバーにそのことが表示されるため、透明性を高めることができます。プライバシー設定で切り替えることで、いつでもカメラとマイクをオフにできます。1 回タップするだけで、すべての Google Pixel アプリのアクセスを無効にできます。11

緊急情報サービス。

緊急事態が発生した場合や危険を感じた場合に備え、Google Pixel には緊急時に役立つ多くの安全機能が用意されています。

自動車事故検出

自動車事故検出

ユーザーが自動車事故にあったことを Google Pixel が検知すると、ユーザーが自分で通報できない場合に、自動車事故検出機能が代わりに 地域の緊急サービス に通報します。12 Google Pixel は、デバイスの位置情報、モーション センサー、周囲の音から自動車事故が発生した可能性を判断し、ユーザーが表示されたメッセージに反応しない場合は緊急サービスに通報します。詳細

緊急情報サービス アプリ

緊急情報サービス アプリは緊急時の連絡をサポートします。13 Google Pixel は自動で緊急通報を発信したり、位置情報を共有したり、動画を撮影したりできます。緊急情報サービスと位置情報の設定はユーザーが管理できます。

緊急事態の共有

助けが必要な場合に、緊急事態の共有機能によってリアルタイムの位置情報とバッテリー残量がすばやく連絡先と共有されます。初期対応者が迅速に行動できるように、緊急位置情報サービス(ELS)によってすぐに位置情報が緊急サービスに送信されます。緊急事態の共有の設定は、緊急情報サービス アプリで行います。詳細

安全確認

緊急情報サービス アプリで安全確認を設定すると、ユーザーが不慣れな場所を 1 人で歩いているときなど、助けが必要な状況で Google Pixel がユーザーの安否を確認してくれます。指定した時間が経過してもユーザーから応答がない場合、緊急事態の共有機能が自動で緊急連絡先に連絡してくれます。14 詳細

緊急 SOS

Google Pixel の電源ボタンを 5 回押すと、緊急サービスへの電話、緊急連絡先との情報共有、動画の撮影など、必要なサポート機能をすばやく利用できます。緊急 SOS は、緊急情報サービス アプリでカスタマイズできます。詳細

認証。

Google Pixel に組み込まれた認証テクノロジーによって、他の人があなたのスマートフォンにアクセスするのを防ぐことができます。

Google Pixel のロック解除

Google Pixel のロック解除

Google Pixel のロックは、簡単に、すばやく、安全に解除できます。顔認証と指紋認証によって、所有者だけがスマートフォンにアクセスできます(認証機能はデバイスによって異なる場合があります)。Google Pixel 7 と Google Pixel 7 Pro では、顔と指紋のデータはスマートフォン上で処理されます。クラウドからアクセスすることはできません。また、Google がアクセスすることもできません。

「デバイスを探す」機能

Google Pixel をどこかに置き忘れても、「デバイスを探す」機能で場所を特定して着信音を鳴らすことができます。15 この機能を使用するには、任意のブラウザまたは任意の Android デバイスの「デバイスを探す」アプリで、Google アカウントにログインします。また、Google Pixel Buds をどこかに置き忘れた場合も、「デバイスを探す」機能で場所を特定できます。イヤフォンのどちらか一方のみを紛失した場合でも利用できます。16

「デバイスを探す」機能では、スマートフォンをリモートでロックしたり、ロック画面にメッセージを表示させたりできるため、誰かが見つけたときに連絡先を知らせることもできます。二度と見つからないという確信がある場合には、すべてのデータをリモートで消去することもできます。詳細

出荷時設定へのリセット保護機能

すべての Google Pixel には、盗難防止用のセキュリティを強化するため、出荷時設定へのリセット保護機能が備わっています。これにより、パスコードまたは Google アカウントのパスワードなしでは、誰もスマートフォンを再有効化できなくなります。これはスマートフォンの安全を確保するための多くの方法のうちの一つです。詳細

Google Pixel
Google Pixel の詳細。
すべての Google プロダクトに
安全性が組み込まれています。