サイバーセキュリティ人材を強化し、すべての人にとってより安全な世界の構築を支援。

昨年、世界のサイバー攻撃が 38% 増加し、重要なインフラストラクチャが大きなリスクにさらされている一方で、2025 年までに、サイバーセキュリティの人材不足は 340 万人にのぼると見込まれています。Google は、経歴や経験に関係なく、サイバーセキュリティ分野でのキャリアを得られるようにすることで、サイバー人材の強化を支援しています。専門知識の共有、キャリアパスの拡大、業界との緊密なパートナーシップの構築を通じて、重要なインフラストラクチャを保護する未来のサイバーセキュリティ人材を強化することができます。

グーグル サイバーセキュリティ プロフェッショナル認定証
Google Career Certificate 受講者、Carter Spear 氏

Google Career Certificate 受講者、Carter Spear 氏

Google の専門知識を共有してサイバーセキュリティ人材を強化

Google のサイバーセキュリティ専門家が作成し、講師を務める グーグル サイバーセキュリティ プロフェッショナル認定証 では、サイバーセキュリティの初級レベルの仕事に必要な需要の高いスキルを身につけることができます。このオンライン トレーニング プログラムには事前の経験は必要なく、6 か月未満で完了できます。一般的なリスク、脅威、脆弱性を特定して軽減する方法を学べるプログラムです。

Google.org による APAC でのサイバーセキュリティ支援
Cyber Clinics, supported by Google.org

Cyber Clinics, supported by Google.org

サイバー攻撃から保護する能力を開発

Google.org はアジア財団に 1,500 万米ドルを提供し、能力開発や、サイバースキルを磨く実際の機会を学生に提供する試験的な Cybersecurity Clinics を通じて、支援が行き届いていない 30 万の小規模ビジネスおよび NGO のサイバー能力を強化しています。また、Google.org は、National Institute of Cyber Security(NICS)にも 100 万米ドルの資金を援助し、支援が行き届いていない組織のサイバーセキュリティ能力を改善しています。

より安全な明日のために力を合わせる。

サイバーセキュリティ人材の変革は一夜にして起こるものではありませんが、国家の安全保障の優先事項として、それぞれが自らの役割を果たさなければなりません。Google は、業界や政府と協力することで、進化し続けるサイバー空間に対応し、すべての人にとってより安全な世界を構築できる専門知識を持った、強固でより包括的なサイバー人材を生み出すことができると考えています。

重要なインフラストラクチャの保護

Google の高度なセキュリティにより、学校、病院、政府機関などの重要なサービスを保護しています。